結局、自己肯定感とはなにか。自己愛、自信とはどう違う?わかりやすく説明

パーソナリティ障害

辻堂タロット占いサロンSHINのオーナー兼、タロメディアのライター秋本栞里です。湘南藤沢(辻堂駅から徒歩2分の場所)で対面鑑定をしております。テラスモール湘南すぐ、藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、江ノ島、横浜、平塚からも好アクセスです!

このサイトではタロットカードにまつわることや、生きやすくなるためのヒントを発信しています。悩みの多い女性や、ついつい考え事ばかりしてしまう方にとって、問題解決へのヒントになれば幸いです。

今回は、『自己肯定感』についてです。

「自己肯定感」とはなにか

自己肯定感」――。なんとなくは理解できるけど、改めて説明しようと思うと難しい言葉ですよね。検索すると「ありのままの自分を認める」ですとか、「自分の存在を価値ある存在として認める」といった説明に出会います。わかったような気がする反面、いまいちしっくりこない人も多いのではないでしょうか?

まず「ありのままの自分」というのがわかりにくいですが、実は生きる上で重要なキーワードだったりします。それについては後ほど説明するとして…、わたしなりに自己肯定感を簡単に説明すると以下のようになります。

欠点も含めた、飾らない、そのままの自己像を認める能力のこと。

人は「ありののままの自分」を、あまり認めようとしません。なぜなら、欠点のある自分を受け入れたり、愛することは、多くの人にとって抵抗を感じるからです。

我々は無意識のうちに、『完璧な自己像』を追い求めます。完璧な人間なんてありえないとはわかっていても、そうしてしまうのです。他人と比べたり、誰よりも優れた自分であろうとします。

でも実際は誰しも、自分では認めなくないイヤな部分が、一つや二つあるはずです。欠点があるなんて当たり前のことですが、少なくない人が欠点のある自分にガッカリしてしまうのです。

「こんなのは自分じゃない。認めたくない」「今とは違う人間になりたい」このような気持ちこそが、自己肯定感を低くしてしまう原因になります。

自己肯定感が高い人の考え方

ありのままの自分を認められないことを「自己肯定感が低い」と言うならば、自己肯定感が高い人のことは、「弱さを受け入れる強さがある」と言えるでしょう。

自己肯定感が高い人は、自分の弱い部分や欠点を理解している。欠点も含めて、自分自身をまるごと受け入れている。

自己肯定感が高い状態は、無償の愛を自分自身に向けていると言ってもいいかもしれません。

ありのままの自分=本当の自分

すでに述べたように、『ありのままの自分』とは、弱い部分や欠点も含めたそのままの自分のことを言います。

  • すぐかッとする
  • 怒りに任せて相手をののしってしまう
  • 休日をダラダラと無駄に過ごしてしまう
  • 親に愛されていない
  • 裏切られるのがイヤで、人を信じることができない
  • 恋人がいたことがない
  • 友だちに恵まれない
  • 結婚したいのにできない
  • 痩せたいのに痩せられない

このように性格のことから習慣、人生のことまで、人にはそれぞれ「欠点」と感じる事柄がいくつかあります。好きではない自分の性格、認めたくない事実を受け入れることは容易ではありません。しかし現実問題、それがあなたなわけです。まずは「それが自分である」と認めることから、ポジティブな人生はスタートします。

人生をよりよくするためには、自分のイヤな部分をまずは認めよう。それが自分自身と向き合うことになる。

「自己肯定感」と似ている言葉

自己肯定感の意味について、あなたなりにしっくりくることができたでしょうか?自己肯定感という言葉の正体を知ると、似ている言葉との違いが気になってくるかと思います。

「自己肯定」と似ている言葉として、自尊心、自己愛、自己重要感といった言葉を目にしたことがあると思います。それらと自己肯定との違いはなんでしょうか?わたしなりの解釈も含みますが、一つずつ解説していこうと思います。

自己肯定と、自尊心

自尊心を英語では「self-esteem(セルフエスティーム)」と表記します。実はこれ、自己肯定感の英語表記と同じなんです。ですから意味的には同じものだと言ってよいでしょう。

違いがあるとすれば、ニュアンスの違いです。自尊心には「プライド」という意味も内包されているので、「私は私だから」といった、他人の干渉をはねのける強さが見え隠れします。

また、自尊心はネガティブな場面でも使われます。「彼女は自尊心(プライド)が高い」という表現は、「彼女は高慢だ/気が強い/融通が利かない」といったマイナスな印象を与えます。本質的な意味は同じでも、「自己肯定感が高い」というときとの印象とは大きく違います。

自己肯定と、自己愛

自己愛というと、ナルシストと混同されがちです。非常に似ているように感じますが、違いは明確です。まず自己愛とは、「ありのままの自分を愛する能力」のことを言います。「ありのままの自分を認める」という自己肯定を、一歩進ませた状態のことですね。

「自分は忘れっぽくて、よくミスをしてしまう」

  • →こんな自分はイヤだ(自己否定)
  • →でも、これも含めて自分なんだよな(自己肯定)
  • →こんな部分もあるけど、そんな自分が好き(自己愛)

あなたは家族や友人に、完璧であることを求めるでしょうか?おそらく、ほとんどの方がそうではないと思います。余計な口出しをしてきてイヤなときもある。それってどうなのと思う振る舞いもある。でもそんな部分も含めて、彼らのことが好きなのではないでしょうか?

同じことを自分に置き換えた時、自分自身を許し、愛することができれば、自己愛があると言えるでしょう。一方で、自己愛が少なすぎるとナルシストになってしまします。意外ですよね。自己愛が強すぎるからナルシストになるのではないのでしょうか?

自己愛が低いことで現実を見る能力がなくなり、自分を過大評価するようになる=ナルシスト

正しい自己愛が備わっていれば、例え欠点があったとしてもそれを客観視することができます。欠点を欠点だと自覚した上で、自分を好きでいられるのが自己愛です。他方、欠点を認めず、ないことにしてしまうのがナルシストです。自分を過大に評価するこで、厳しい現実から逃げてしまうのです。

ナルシストの特徴は、自己愛性パーソナリティ障害の特徴とリンクします。自己愛性パーソナリティ障害は自己愛が未熟な状態のことで、自分を過剰に特別な存在だと思い込んでいたり、他人からの評価に傷つきやすいという特徴があります。

自己肯定と、自己重要感

自己肯定感と自己重要感の明確な違いは、他人の視点が入っているかどうかです。

『他人からどう思われようが、自分は自分』という感覚が「自己肯定感」や「自己愛」です。一方で『他人の役に立てているか・重要だと思われているか』が、自己重要感になります。

「他人の役に立っていることで、自分の重要さを感じる」というのは、他人の存在があるからこそ生じる感情です。家族、恋人、友人、社会、仕事に対して、「その組織の中で自分は十分に役目をこなせているか・存在価値があるか」は、少なからず誰しも気にするところです。自己重要感が満たされることで、私たちは貢献感ややりがいを感じることができます。

まとめ

自己肯定感とは、『ありのままの自分』を認める能力のことを言います。ありのままとは、弱い部分や欠点も含めたそのままの自分のことです。いろんな欠点も含めて、自分をまるごと受け入れることが『肯定』です。

これは開き直りとは違います。開き直りは現実を受け入れない行為なので、自己否定の一種です。家族や友人を受け入れるように、自分自身のこともそのまま受け入れられたとき、他人との比較や劣等感から自由になれることができます。

湘南辻堂で対面鑑定をやっています。

LINEでタロットカード鑑定ができます♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました