タロットカードだけじゃない!モノを使う占い、卜術ってなに?

カードの意味

辻堂タロット占いサロンSHINのオーナー兼、タロメディアのライター秋本栞里です。湘南藤沢(辻堂駅から徒歩2分の場所)で対面鑑定をしております。

このサイトではタロットカードにまつわることや、生きやすくなるためのヒントを発信しています。悩みの多い女性や、ついつい考え事ばかりしてしまう方にとって、問題解決へのヒントになれば幸いです。

さて今回は、占いの種類についてのお話です。

占いは3種類?

占いは『命・卜・相』といって、大きく3種類に分けられます。タロットカードは『卜術(ぼくじゅつ)』の仲間。卜術は、モノを使って占うやり方です。

生年月日を使って占う占術を『命術』。手相など、「相」をみる占いを『相術』といいます。

卜術って?

卜術は古来からある占術で、かなり原始的です。タロットカードの他には、たとえばこういったモノが使われます。

  • 亀の甲羅
  • 竹の棒
  • サイコロ
  • 振り子

ね?びっくりするくらい、原始的でしょ?昔から、人々は身近なモノを使って運命を占ってきたんですね。

「卜術」の種類

卜術にはタロットカードの他に、「易・ルーン・ペンデュラム」といった種類に分かれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

松谷 顕(@konjicho)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

高木 洋呼(@youko.takagi4)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanako(@motherearth_kanako)がシェアした投稿

紙を使って「タロット占い」をやってみよう!

タロットカードの素材は、紙ですよね。市販の、キレイに印刷されたものを使うのが一番ではありますが、家にあるものだけでもできてしまいます!

まさか、画用紙に一つ一つ絵を描くとか言わないよね?いいえ。そこまで本格的にやらなくても、もっと簡単にできてしまうんですよ。お子様や、ずぼらな人でもすぐにできます。

名付けて、「ゼロ円タロット」

まずは、上の写真のように、小さく切った紙を用意し、0~21の数字を書いていきます。

0~21という数字は、タロットの大アルカナの枚数に由来します。大アルカナのご説明は、また別の記事にいたしますね。ここでは逆位置は考慮しません。

■ゼロ円タロットの占い方

  1. 箱か袋を用意する
  2. その中に22枚の紙を入れる
  3. 心の中で、質問を唱える
  4. くじを引く要領で1枚引く

これだけです!席替えのくじ引きのようなイメージですね!

結果の見方は、別の記事をご参照ください。

 

タロット教室あります

ご覧いただきありがとうございました。

「もっとタロットを勉強してみたい!」「本格的にタロット占いをやってみたい!」

もしそのように思っていただけましたら、是非湘南のタロット教室にお越しください。神奈川県藤沢市の、辻堂というところでタロット教室・鑑定を行っております。

1日完結型で、初心者の方でもすぐに・その場で占える特別仕様です♪新しい趣味として、占いをはじめてみませんか?

タロット教室はこちら

ご依頼についてはこちら♪

ご質問はこちら

みなさまからのご依頼、お問い合わせを心よりお待ちしております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました