日頃から悩みが多い女性に共通する、3つの特徴とは?生きやすさへのヒント

マインド

辻堂タロット占いサロンSHINのオーナー兼、タロメディアのライター秋本栞里です。湘南藤沢(辻堂駅から徒歩2分の場所)で対面鑑定をしております。

このサイトではタロットカードにまつわることや、生きやすくなるためのヒントを発信しています。悩みの多い女性や、ついつい考え事ばかりしてしまう方にとって、問題解決へのヒントになれば幸いです。

悩みが多い女性の特徴

わたしもかつてはそうでしたが、若い女性は様々な悩みを抱えています。年を重ねるにつれてだんだん楽になっていくものですが、若い時ほど初めて経験することばかりで、対応力が追い付いていません。その分戸惑いや、イヤな気分になる出来事が増えてしまうんですね。

悩みが多い、考えることが多いと、勉強や仕事に集中できなくなってしまいますよね。できることなら、悩みは少ない方がいいに決まっています。悩みが多い人の特徴を知ることで、各々の対策に活かして頂ければ幸いです。

悩みが多い女性には、以下の3つの特徴があります。

被害者意識

悩みがち、苦しんでしまいがちな女性は、被害者意識を持ちやすい傾向にあります。

「自分はいつもこんな扱いを受ける」「私ばかりが不幸…」「嫌われているんじゃないか」といった、悲劇のヒロインのような思考が被害者意識です。「いつも不幸」というわけではないのに、イヤなことばかりが目に入ってしまい、「いつも」うまくいかないように感じてしまっていることが原因にあります。

「運命に流されている」という意識

占いにおいて「運勢」とか「運気」といった言葉をよく耳にしますよね。

この世のすべてはエネルギーでできていますので、エネルギーが動くところには「気の流れ」が生まれます。そういった意味では、星の動きに応じて運気が変わるということは、実際にあるかもしれません。

ですが、運気や運勢は絶対ではありません。たとえば大殺界という言葉がありますが、大殺界だから必ず悪いことが起きるということではなく、「悪いことが起きやすい時期にあるから気を付けてね」という目安です。

個人の運気は、個人が創ります。「~期」といった大きな流れよりも、個人の放つエネルギーの方が大きいです。わたしが鑑定をしているタロットでは、「運命は自分がつくるもの」という前提を持ちます。個人の決意や意思で、未来なんてその都度変わってしまうものなのですよ。

このことを意識すれば、「私は目に見えない力に振り回せれている」「いつも運が悪いなあ」なんて考えは抱かなくなるはずです。

他人軸で生きている

自分軸他人軸という言葉を聞いたことがありますか?最近、一般的に耳にすることも増えてきたように感じます。

簡単に説明しますと、行動の基準が自分の判断によるものなのか、そうでないのかの違いです。わかりやすく言うと、以下のような感じです。

  • 自分軸の人→自分が行きたいと思ったタイミングで、行きたいところに行く。
  • 他人軸の人→他人に合わせるので、予定が立たない。行きたいところにも行けない。

 

自分軸の人は、いい意味で他人を気にしません。自分勝手ということではなく、自分の本音を尊重するのです。心が「イヤだ」と言っていることはしません。

一方で他人軸の人は、他人の目や評価を必要以上に気にします。「彼氏がダメって言ったから」「お母さんに否定されたから」「こう思われたらイヤだな…」など、行動の基準がいつも他人です。

他人軸は、自分の人生を生きていないことも同じなので、自分軸の人よりも疲れやすいという特徴があります。いつも気を遣っているし、断れない付き合いが増え、出費が増えてしまうなんてことも。他人軸はつらいだけでなく、かなり損なんですね。

 

悩みがちな人は「受け身」が過ぎる

これら3つの共通点を見て、なにか気づくことはないでしょうか?タイトルでもう答えを言ってしまっていますが(笑)、悩みがちな女性は「受け身」過ぎるんですね。

「~させられている」という被害者意識、運命に流されているという考え、他人の価値基準で行動する…。これではいつも、人生の主役が「他人」になってしまっています。

 

 

受け身すぎることのデメリット

あなたの人生は、本来あなただけのものです。人生を自分の手に戻すと、おのずと悩みも減っていきます。他人の考えはどうにもできませんが、自分の考えや行動は変えられるからですね。今すぐ運命を、自分の手に取り戻しましょう!

受け身でい続けると、こんなふうになってしまいますよ…という点をお伝えします。

他人に影響されやすくなる

行動の基準や、価値基準を他人に置いていると、だんだん自分の意思が弱くなっていきます。

すると、「流行ってないならやめよう」とか「○○さんが言うならそうしようかな…」と、みんながしてるからやる・やらないという行動の仕方になっていきます。

流行っている・いないに関わらず、自分が好きなものを着たいですよね。好きだと思った歌手を応援したいですよね!他人がどう思うかに関係なく、自分はどう思うかで判断できるようになればよいですね。

自分の意見を言えなくなる

他人の評価を意識しすぎると、自分の意見を引っ込めてしまうようになります。「変に思われるよりは、従った方が楽だ」という考え方になってしまうんですね。

たしかにそのやり方だとトラブルは起きにくいかもしれませんが、自分の違和感そっちのけで過ごしていると、うつ病といったメンタルの病にかかりやすくなります。

自分の意見を言いにくい場面はたしかにありますが、違和感までは無視しない方がいいでしょう。「自分は本当はどう思うのか」という、素直な心までは失わないようにしなければなりません。

占いに頼ってしまう

自分はどうしたいんだろうという素直な気持ちがわからないと、酷い場合は他人の意見でしか行動できなくなってしまうことがあります。

以前テレビで紹介されていた例ですが、なんでもかんでも占いの結果に頼りすぎて、自分では判断できなくなった女性が取り上げられていました。その方はすぐ占い師に聞くクセがついてしまっているので、「どの服を着ればいいか」といった些細なことまで頼っていました。

さすがにこの例は極端ですが、ことあるごとに占いに頼ってしまうというのは、割とよくある話です。一度解決したことなのに、数日経つとまた不安になり、同じ質問を何度もされる方もいます。

占いに頼りがちなのはまだいいのかもしれませんが、なかには家族や友人にいつも同じことで相談して、うんざりされている方もいるかもしれません。自分の受け身思考のせいで友情にヒビが入ってしまったら、とても悲しいことです。

 

運命は自分が変えるという意識を!

重複になりますが、運命は自分がつくるものです。大げさな話、カフェでコーヒーを頼むか紅茶を頼むかでも運命は変わります。運命とは、選択の先にあるもの。一つ一つの決断を意識的に行うことで、自分の人生を生きているという実感が湧いてきます。

自分軸に切り替えることができれば、おのずと悩みは減っていきます。

  1. 被害者意識
  2. 運命に流されている意識
  3. 他人軸

この3つをまずはやめることで、あなたの運はきっとよくなりますよ!

 

辻堂タロット占いサロンSHINは、こんなサロンです♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました