お悩み解決には、「当たる占い師」よりも「占術」で選ぼう!

リーディング

占いに行きたいと思ったら…

湘南エリアで占いに行きたいと思ったら、まずは鎌倉・江ノ島で検索する人が多いのではないでしょうか?

鎌倉・江ノ島はパワースポットや神社仏閣が多くあり、占い処もたくさん見かけます。

観光ついでにふらっと入ってみるのもよさそうです。

 

「でもせっかく行くなら『当たる占い師』に見てもらいたい!」

と思いますよね。

評判のいい占い師さん、当たると噂の占い処はどこだろう?と思って検索したくなっちゃうんですが…、ちょっと待ってください!

その「当たる」という言葉、安易に信じちゃってませんか?

 

まず、「当たる」ってなに?

「占い」とセットのようによく使われるのが、この「当たる」という言葉です。

広く使われている言葉である一方、ちょっと違和感を抱く人もいるはず。

そう、「まず当たるってなに?」ってことなんですね。

 

そもそも、なにをすることが「当たる」ことなんでしょうか?

実は、これには正解はありません。

相談者が求めている内容によって、「当たる」の内容も変わってくるからです。

 

あなたはなにを聞きたい?

なにが「当たる」と感じるかは、その方の相談内容によって大きく変わってきます。

ですから、まずはあなた自身が「なにをみてほしいのか」をはっきりさせておくことが重要です。

恋愛運仕事運というジャンルを伝えただけでは、実は納得のいく答えには出会えません。

質問は絞れるだけ絞りましょう!

 

では仮に、恋愛運というジャンルから「結婚できるかどうか」まで質問をしぼれたとしましょう。

でも実は、これでもまだ不十分です。もう一歩、自分自身に踏み込んでみましょう。

たとえばあなたが気になっていることは、「婚期」ではなく、こんなことではないですか?

 

「結婚にいいイメージがなく、この歳まできてしまった。これからどうしよう…。」
→将来への不安

「私のことを好きになってくれる人なんていない…」
→自己肯定感の低さ

「結婚は憧れるけど、結婚生活を続けていく自信がない…」
→自信のなさ、トラウマ

「結婚したかった元カレのことが忘れられない。」
未練

「今カレが結婚の意思を示してくれない」
不満、不安

 

どうでしょうか?「結婚できますか」という言葉の裏に隠された、「本当に聞きたいこと」って人によって全然違うんです!

 

 

「当たる」より「聞きたいこと」優先で行こう

本当に解決したいお悩みを、ご自分でもわからない状態で占いに行くのは、はっきり言ってお金の無駄です。

本当は「出会いの時期」を知りたいのに、「過去をなんでも当てられる占い師」のところに行っても意味がないですよね。

電気屋に服を買いに行くようなものです。

実はAならこれ、Bならこれと、占術によって向き不向きがあるんです。

あらかじめ、しっかりチェックしてから向かうことをおすすめします!

 

タロットの得意なこと

辻堂タロット占いサロンSHINは、文字通りタロットカードで占うお店です。

タロットは、無意識をみることが得意です!

たとえば先ほど書いた例にもある、「本当の悩み」を当てたりですとか、「あなたは本当はどうしたいのか」を見つけることが得意です。

 

ですから、

「もうなにに悩んでいるのかわからなくなっちゃった」
「頭がごちゃごちゃする」
「結果的に、自分はどうすべきなのかを知りたい」

という方にも向いています。

 

他にも、

  • 相手の気持ち
  • 深層心理
  • 近未来
  • 思考と本音のギャップ
  • 最終結果

などを知ることもできますよ!

 

 

>>気になった方はこちら!

>>LINE鑑定もあります。今なら1枚無料!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました